のんびり趣味のパズルなどについて語るブログです

孤独死の現状、その費用と対策【2013年2月17日】(平成25年)

 

山口県周南市【モノハウス】楽しい骨董品がいっぱい(2016.08)

 

 

6年前のニュース/孤独死

[平成25年2月17日]

 

〈国内〉

公営住宅の孤独死、9都県市遺品廃棄

国「法的に問題」

公営住宅で孤独死した入居者の相続人がいない時に、正規の手続きを経ずに遺品を廃棄している自治体があることが・・・

 

 

【孤独死の現状】

 

近年孤独死という言葉をよく聞くようになった。

実際こういう事は、昔からあったのかも知らんけど、だんだんとその数も増えてきて社会現象にまでなったのだろう。

実は小生の父親も一人、1990年にマンションの一室で心不全で亡くなった。

享年50歳、幸い働いてた事により同僚の発見で死亡がすぐ分かった。

一人で死なせてしまったことを申し訳なくも感じたが、

もし本人が後腐れなく一人で死ぬことを本望としていたのなら

それもありかなと思っている。

 

 

何が孤独死で何が孤独死じゃないのか、皆さん説明できますか。

なんとなくは分かっていてもその定義は曖昧だと思います。

一人暮らしの人が誰にも看取られる事なく、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡、

またその状態が都会などで希薄な近所付き合いや、交流の断絶など社会とのつながりを持たず誰にも気付かれずに放置されてしまう事。

 

大方はこういう風に考えて良いのではないでしょうか、

現在、このように亡くなる方が年間3万人もいて予備軍が1000万人と言われています。

驚いたかね?だからって別に驚きゃあしないでしょうが、多分ぼくも感覚が鈍くなっているので何とも感じませんでした。

3万人と言ったら今もどこかで一人で亡くなって、気づかれないままの方がいるってことですよ。

なんだか自分だって他人事じゃないですね、死ぬのは仕方ないとしても人に迷惑をかけたくは無いと思います。

よしんば亡くなっても一週間以内には発見されるようにしておきたいものです。

まず思うに、電気水道ガスの支払いって自動ですか?銀行に金あったらいつまでも引き落とされて大家さんも管理会社も気付かないので出来れば銀行に金入らないようにしたほうがいいですね。

 

[セルフネグレクト]

孤独死の8割はセルフネグレクト(生きていくために必要な行為を行わないこと、自己放任)と言われています。

いわゆるゴミ屋敷とかになる人とかがそうなのですが、この症状の意味からすると健康的にも衛生的にも何にもやる気が無くなってしまっている事、なのでまともに戻すのも難しいのでしょう。

ミニマリストのように、少ない持ち物だと片付ける費用もかからないし、亡くなった後自分の持ち物いろいろ確認されるのもいい気持ちがしないので良いことずくめです、なるべく持ち物少なくしたいですね。

『ストライクウィッチーズ』ハルトマンの汚部屋

 

[準備]

万が一にも自分が亡くなった場合ですが、まず不審に思った人が通報するでしょう、それがなるべく早いほうが良いのは言うまでもありません。

異変に気付くのには、郵便受けがいっぱいになっていたり(といっても数ヶ月かかるかもしれない)臭いで気づく、しまいっぱなしでちょっと焦げたような醤油の臭いとか、野菜が沢山入っているスムージー系の飲み物の臭いに似ているとも言われる。

だが臭いで気付く頃はすでに恐ろしい状況になっているだろう。

死ぬ前に何を用意すべきか、やはり世の中銭ですよ。

家具などは臭いが付いてるものはどうしても廃棄されてしまうので、残せるものは銭と貴金属でしょうね。

特殊清掃業者(家財整理専門業者とも言う)に依頼すると一般的な相場で50万かかる、これはゴミや家具の処分費用、汚染や臭いの除去にかかる費用で、状態が良ければ費用も少なくなる。

それ以外に葬儀社、その他諸々で10万円超え、なので60万円残しておけば後に残された人も助かるだろう。

後は何か言い残して置きたいことなど書いておいたほうが良いでしょう、希望の葬儀方法もこれにあたります。

 

【まとめ】

今回のニュースで取り上げた公営住宅での遺品整理ですが、まず警察は孤独死が起きた場合、身内の連絡先を調べて遺体の引き渡しを求めてくる、ここで故人の遺産を放棄すればかかる費用も法律上放棄できるが、するかしないかは倫理上の問題となる。

公営住宅の入居者で生活保護者であれば処分費用は行政で出すことになるでしょうが、出る金額にも上限があるので足りない分が出た場合公営住宅管理者が出すのかどうか?詳しいことは分かりません。

 

多くの孤独死の方は引き取り手がいないと言います、おそらく身内がいてもいなくても「関わりたくない」というのが現状なのでは無いでしょうか。

そこが孤独死問題の根幹の部分ではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です