のんびり趣味のパズルなどについて語るブログです

知恵の輪の王様 Cast Puzzle ENIGMA [エニグマ ヒントと解説]【前編】

 

人気のCast Puzzle

 

 

 

 

 

 

迷宮からの脱出

一応バラし方は公式サイトはずる公式サイトからもダウンロード出来ますので、ここでは初期状態への戻し方を解説します。

見ただけですぐにどの状態か分かるようになるはずです。

 

 

ENIGMA

 

 

「の」のような形をしたピースを3つ組み合わせます。

 

本来はどれも 666 であるそうですが、区別がつきにくいゆえ記号で表示します

 

特徴を理解しておく

 

 

 

『⺋』の動きと特徴

 

『⺋』の特徴・外の切り欠け1

『⺋』の特徴・外の切り欠け2

 

 

『⺋』の外の切り欠けはの通し方と2の通し方があるが、通常の解法では2の通し方は使わない。

 

 

『⺋』の特徴・内側の切り欠け

 

 

 

 

 

『の』の動きと特徴

 

 

 

 

『の』入れ始め(m1)

☆を支点にして矢印の方向へ動かす

図のあたりで軽く上に行く部分がある

窪みから外れたとこ

2週目を通す

いっぱいまで出した状態

 

 

工場出荷時の状態

 

初期状態

 

これが標準の初期状態になりますが、このようになるには最初の入れ始める向き決まっています、以下標準の入れ方。

 

 

『⺋』基本の方向

基本の『6』に対して『⺋』の頭を手前に向けるようにして入れ始める。

 

 

『の』の標準の方向

基本の『6』に対して『の』の字になるように入れ始める。

 

 

この方向がそれぞれ違っていたらどうなるのか?

 

⇩この図は標準のパターンの完成1STEP 前になります、三角の切り欠けと溝の向きが合っているのでこのあと『⺋』『6』の外に出すことが出来るのが分かる。

標準のパターン

 

 

『⺋』を逆に入れて始めた場合切り欠けと溝が合わない。

 

 

『の』を逆に入れて始めた場合切り欠けと溝が合わない。

 

 

『⺋』『の』を逆にして始めた場合

 

⇧Ⅲ『⺋』『の』を逆にした場合、賢明な方ならすでにお分かりでしょう、基本形の対称になっているので『⺋』切り欠けと溝が噛み合って通常の反対の完成形になる。

 

〈Cast Puzzle シリーズ〉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です