のんびり趣味のパズルなどについて語るブログです

オープンロジを使ってオークションで大量にフィギュアを捌く

オープンロジ(梱包、発送代行業者)を使って手持ちのアイテム112点をオークションで売りさばこうと思う。

その殆どがフィギュアで一部雑貨含む。

さて、112点をいかに早く売り出すにはどうしたらいいか?と考えたところ、このような方法に煮詰まった。

  1. オークションはすべて一円スタート(太っ腹)で期間を3日にする。
  2. 一日19点ずつ6日続けて出品する。(6日めは17点)
  3. 送料は落札者負担、基本同梱可能(かんたん決済まとめて取引)とする。

こうすることでうまく行けば9日で出品終了しているはずである。

個人でこれだけの荷物を正確に処理するのは至難の業、これを可能にしてくれるのが openlogi というわけだ。

 

時系列

2019年6月24日

[箱詰め]

140サイズのダンボール9箱いっぱいになった。

中はこのようになってます、

登録した商品IDのPDFをダウンロードしてシールに印刷し、商品に貼り付けた。
(通常は紙に印刷してセロテープなどで貼ると思われる)
個口ごとに入庫明細書をダンボール箱の中に入れておきます。

 

そしてダンボール箱の側面と上部に入庫ラベルを貼り付けます。

これで倉庫への発送準備が出来ました。

 

2019年6月27日

[入庫]

入庫のための発送を行います。

個数があるときはヤマト便のまとめ発送がお得ですよ。

送った後は茶を飲みながら荷物の届くのを待つ。

 

2019年6月28日

翌日にはもう倉庫に届いていました、ただ全て反映されたわけではなく47点だけ検品が済んで出庫可能状態になっております。

 

2019年6月29日

今日から一日目の出品を開始しました、久しぶりの出品だったので途中ミスに気づいてやり直したりで 大変ですんや。

 

2019年6月30日

二日目の出品を済ませました。

今日気がついたのですがまとめて取引はかんたん決済以外でも可能のようでした。

また、質問欄から直接取引のようなメッセージが来たのですがイタズラなんですかねぇ。

 

2019年7月1日

本日の予定出品も終わりました、現在合計で57点です。

 

2019年7月2日

やっと今日で4回目の出品が終わりました。

一人作業で一日19点出品するのは疲れます、10点までの計画にすればよかった。

それから今日一回目の出品分が終了します、出品と落札処理で忙しい毎日だ。

 

2019年7月3日

第一日目の商品がすべて終了した。

想像していたよりかなり安かったりもしたが、オークションではそれもやむ終えないことだ。

それより今日感じたのは、同一落札者が意外と少ないということと、まとめて取引はあまり浸透してないし使い方が分かりにくくて困るということ。これなら無くてもあまり支障ないかもしれない。

 

それとは別にオープンロジから先月分の請求があった。

先月は28日からの3日だけだったが

入庫47 に対して 846円

保管94 に対して 133円

消費税込みで 1057円 である。

この金額を目安に価格を調整できなければ逆に赤字になってしまうのだろう。

 

それから今日気がついたことでショックだったのが、送料は発送処理の後でしか確定額がわからないと言うことだった。

オークションで落札者負担の場合は発送後でなければ請求できないことになるのでチト具合が悪いことになってしまうのだ。

 

2019年7月4日

いまさらながら今朝気づいたのだが、送料の設定に問題があった。

オープンロジでは入庫処理が済んだ商品はCVS〈在庫リストが〉ダウンロードできる、

そこに商品サイズが記載されているので送料の目安が立てられる。

最初からその送料で提示しておけば後々の混乱も避けられていたと思う。

それに、オークションでは送料が未定だと割高感が否めないため入札しづらいという弊害もあったのだった。

今日はじめての出庫が行われた

そこで驚いたのは管理時のサイズより発送時のサイズが大きくなる事があるということだった。

もともと小さいものなら変化はないが、少しでも大きめのものは一回り大きくなってしまう。

落札者には管理サイズで請求しているので、超えてしまった分はこちらの負担になってしまう、難しいところだ。

 

2019年7月5日

ああっやってしまった配送ミス!

午前中の仕事の後に、帰ってからマイオクから通知を確認していて気づいた。

2つの商品を同一の落札者だと勘違いして、同梱して発送してしまったのだ。

すぐにオープンロジへ連絡して回収してもらうように頼んだが既に配送に回っている時間だった、

発送から翌日には届くのだから早すぎるのも困りものだ。

配送ミスは注意してても「ウッカリ、勘違い」で起こり得る、よくよく気をつけねばならない。

トラブルはあったが本日無事完了が3件、出品から7日目にてこれが初めての成功体験であります。

 

2019年7月6日

何日か過ぎてみてやっと流れが見えてきました。

まとめて取引は、出品数があって毎日のように出している場合意外と有効な手段だった。

昨日まで4日分終了したが、まとめて取引が3回と同梱が1回あった、中には15点もまとめてくれた方もいて作業が楽になりました。

昨日の誤配送の件ですがなんとか届ける前に返却対応が出来たので最悪の事態はまぬがれた、自分で直接見ながら梱包するのとは感覚的に違うのでかなり神経を使います。

 

2019年7月7日

たとえ一円でも売れないものもあった、送料掛けてまで買おうともおもわないのだろう、

こういう場合ただ置いといても金がかかってしまうので困りものだ。

対応としては、

  • 送り戻す
  • 売れるまで待つ
  • 廃棄依頼をする(費用がかかる)

ということになる。

最初の落札から4日たった、まとめて取引をしてくれる方も段々増えてくれましたが、最初の落札から72時間過ぎたためまとめられなくなるケースも出てきた。

その場合支払いは別々にして発送は同梱という形を取らねばならない、かんたん決済の期日もあるので先の分は支払ってもらうということになる。

 

2019年7月8日

 

2019年7月9日

落札されなかった商品以外はほとんど発送手配が済んだ、やっぱり数が多くても委託発送が出来るとこんなにも速いものなのだ。

ただ、発送ミスがあると大変だ。

7月4日の配送ミスをしてその後回収依頼をしたが、まだ倉庫に復旧できていない。

落札者の方に発送ができず毎日がもどかしい。

オークションで一番助かる落札者様はなんと言っても、普通に挨拶が出来て期日を守ってくれる方ですね。

困ったと思うのは紛らわしい表現や特別な要求などしてくる人、また説明文を見てない人などです。

ただ稀にですけど励ましてくれるような方もいて、嬉しく思う時があります。

 

2019年7月10日

4日に発送ミスをした商品が今日漸く倉庫に戻ってきた。

12時30分までに再発送の手続きが済んだので、今日の出庫に間に合ってホッとしました。

112点あった品物のうち、売れなかったものと売るのを止めたもの計10点は自宅に発送しました。

残りの102点はすべて本日発送が済んで、これで倉庫の在庫が0になりました。

ある程度費用はかかりますが、大量の品物を捌きたい時など便利だったので又機会があれば利用したいと思います。

 

これで今回の計画は以上になります、お付き合いありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です